第18回・派遣先企業で働く外国籍ITエンジニア正社員インタビュー

>

能力と熱意があれば、
タカコーでは国籍は関係ありません。


日本でITエンジニアとして働きたい!
その夢、タカコーで叶えてください。

今回は、ブラジル出身のITエンジニアで派遣先企業様で就業中のヒラノさんと、
人財コーディネイターの持田さんの対談をお伝えします。

派遣先企業で働く外国籍ITエンジニアと人財コーディネイターによる座談会

ヒラノ

東京オフィス社員

現在、派遣先企業様にてITエンジニアとして就業中。

2019年4月8日入社。

ブラジル出身、日系ブラジル人です。

ブラジルで5年間ITエンジニアとして就業。
日本でもITエンジニアとしてスタートしました。

持田

人財コーディネイター

2017年7月1日入社。

訓練校在籍時に国家試験である技能検定2級を取得。栃木県優良賞を受賞。
現在は子供と一緒に毎週合気道を習っています。

早速ですが、簡単な自己紹介をお願いします。
ヒラノ

ヒラノと申します。ブラジル出身の日系ブラジル人です。

日本には、14歳の時に両親とともに移住し、30歳位まで日本で生活をしていましたが、一度ブラジルに帰国し、昨年10月に再来日しました。

今は子供の頃からの夢だったITエンジニアとして働いています。

来日してからの経緯を教えてください。
ヒラノ

日本語が全く分からない状態で来日したので、最初は日本語を覚えることに必死でした。ブラジルとの生活の違いにも戸惑うことが多かったです。元プロ野球選手のイチローさんも言っていましたが、『外国人ということだけで』良くも悪くも多くの事を経験しました。

数年が経ち、日本の生活にも慣れて日常会話ができるようになった時には、すでに派遣社員として製造業で働いていたので、ITエンジニアになるための勉強をする時間が取れませんでした。

そんな中、リーマンショックがあり日本で生活することが難しくなったため、一度ブラジルへ帰国することになりました。それをきっかけにITの勉強をスタートしました。

初めはパソコンの修理やセットアップ、サーバーの構築の仕事をしながら、プログラミングの夜間学校に通って勉強をしました。学校を修了しプログラマーとして仕事を始めましたが、勉強不足を感じて別のプログラミングの夜間学校に再度入学してさらに技術を磨きました。

そうして、ブラジルで5年間プログラミングの仕事をしました。そして、両親が住んでいる日本でITエンジニアとして働きたいと思って再来日しました。

夢に向けて努力なさったのですね。では、再来日後のことを聞かせてください。
ヒラノ

日本ではIT関係業種で働いた経験がなく、日本語の読み書きにも不安があり、ITエンジニアの仕事を見つけることができませんでした。そこで、派遣社員として製造業で働きながらITエンジニアの道を探していました。

そんな時、タカコーの製造業派遣で働いている従兄弟から、タカコーがITエンジニアを募集していることを教えてもらいました。タカコーは外国籍の方が多く働いていると聞き、私でもチャンスがもらえるかもしれないと思い、連絡をしました。

当時は島根県に住んでいたので、タカコーのある栃木県は遠くて面接に行くのも負担が大きくて困っていたのですが、担当の持田さんがSkypeを使って面接することを提案してくれました。

Skypeでの面接は初めてだったので、言葉がうまく通じるか、自分の気持ちがきちんと伝えられるか、とても心配でした。実際、面接中に緊張から頭が真っ白になることもありましたが、最後の方は普段通りの会話ができました。

タカコーとの面接の後、持田さんが私に合う派遣先企業を紹介してくださいました。その企業も栃木県だったので、同じようにSkypeを使って職場見学をしました。仕事内容なども丁寧に説明してもらい、ぜひこの仕事をしたいと思いました。その気持ちを持田さんへ伝え、そして数日後に内定を頂いた時は本当に嬉しかったです。

持田

遠くに住んでいるというだけで、能力も熱意もあるヒラノさんの可能性が活かせないのはもったいないと思い、Skypeの利用を提案しました。企業様にもご理解頂けて良かったです。

お仕事や職場の雰囲気はいかがですか?
ヒラノ

仕事は、データを取り込んでグラフを作るシステムのベータ版を作成しています。使用言語はPHP、HTML、JavaScriptです。ブラジルではC#やJavaを使用することが多かったですが、案件によってはPHPやPythonなども使用していたので、すぐに対応できました。

一緒に働いている皆さんはとても素晴らしく、親切に接してくれます。普段から気に掛けてくださり、質問や疑問にもすぐに答えてくれます。

日本にはブラジルとは違う社会文化があり、優れた部分も多く、勉強になります。今までとは仕事に対する責任感や取り組み方が大きく変わりました。

製造業で働いていた時に比べて外国籍の方は少ないので、その点は少し寂しく思っています。私の頑張りで、外国籍スタッフの評価を高め、外国籍の方が活躍しやすい職場になるよう貢献したいと思います。

ぜひ頑張ってください!それでは、転居なさって変化した住環境について教えてください。
ヒラノ

島根県に住んでいましたし、栃木県に土地勘もないので、内定を頂いて転居することになった時には持田さんが私の代わりに物件を探していくつか候補を挙げてくださいました。とても助かりました。その中から小山駅に近いアパートを選んで、そこで暮らしています。タカコーには家賃を半額補助してくれる制度もあって、ありがたいです。

持田

予算や交通の便を考えながら数件選んで、内覧して撮った写真を地図と一緒にヒラノさんに送って決めて頂きました。内定を頂いてから就業まで短かったのですが、引っ越しも含めてタカコーで手配し、滞りなく就業開始できて良かったです。

ヒラノ

小山の街は綺麗で落ち着いていて、住みやすいです。バスや電車などの交通機関もしっかりしているので、どこに行くにも困りません。駅から無料バスが出ているショッピングモールもあって、重宝しています。

外国籍の方も多く住んでいるので、すぐに馴染めそうです。ただ、家族と離れてのひとり暮らしということもあり、少し寂しい気持ちはあります。ITエンジニアとしてしっかりと実績を積んで、今はまだ島根県にいる妻やブラジルにいる娘を小山市に呼び、家族みんなで暮らせるようにしたいです。

栃木県に来て驚いたのは、『レモン牛乳』の存在でした。初めて見た時には、この組み合わせは美味しいの?と、疑問を持ちました。職場の人に聞いてみると、栃木県を中心に売られている有名な飲み物ということで、飲んでみると美味しかったのでビックリしました。栃木に来た時には、ぜひ一度飲んでみるといいと思います。

最後に、タカコーで働きたいとお考えの方へメッセージをお願いします。
ヒラノ

タカコーは外国籍でも日本人と区別せずに接してくれる会社です。

外国籍の方が多いので、担当の方も外国籍の人とコミュニケーションを取ることに慣れているため、安心して働ける会社だと思います。

持田

タカコーは、能力がある方を国籍にかかわらず積極的に採用する会社です。これからの日本社会はますます国際化が進みますので、さまざまな国籍の方が在籍しているタカコーの強みが活かせる場面も増え、今後さらに成長していく会社だと思います。

今後もヒラノさんのような方が日本の社会で人財として能力を発揮できるように、私達もフォローしていきたいと思います。本日はありがとうございました。

2019年6月6日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );