結城紬

>

こんにちは、採用担当の持田です。

前回、ラジオ体操で古き良き物についてお話し致しましたが、今回は小山にある古き良き物をご紹介致します。

皆様、結城紬はご存知でしょうか?
小山近郊の方はご存知だと思いますが、小山特産品の着物です。

結城と付いているので、茨城県結城市の特産品に思われがちですが、その生産のおよそ半分は、実は小山市とその周辺で行われています。
私の祖母も織り子でしたので、とても馴染みがあります。
結城紬という名称だから、知らない方もいらしたと思います。
北関東の茨城と栃木は、対立ではなく、仲良く共同しています。

結城紬は、京都の西陣織や金沢の加賀友禅など煌びやかな着物とは違く、少し地味ですが、普段着としての強さとそぼくな味わいを大切にした、親しみやすい織物です。
はじめは、売り物にならない屑繭で織られ、農家の自家用とてスタートしたつむぎが、伝統的な技法、新しい技法を織り交ぜて、手紡ぎの糸と絣の細かい模様に特徴を持つ様になりました。
その工芸的な美しさから、今や着物好きの人たちの憧れの的となっています。
そして、国の重要無形文化財になり、2010年にユネスコ無形文化遺産へ登録されました。(これは“和食”より早い登録です。)

伝統と新しい事の融合は私達も、取り組んでいます。
今、新事業として事務・技術系の派遣を立ち上げています。
これは、今まで製造派遣で培った確かな経験と実績があるからこそチャレンジ出来る事だと思います。
製造と事務・技術を融合し、より皆様に愛される会社を目指していきたいと思います。

2017年9月14日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );