自身の来日のお話について

>

お世話になります。東京オフィスの呉です。
今回は自身の来日したことについてお話したいと思います。

私は日本に来る前は台湾の貿易会社で働いており、
業務で日本企業とやり取りをする中で、いつか日本に行きたいという気持ちが芽生えてきました。
まずはワーキングホリデービザで来日し、飲食店でアルバイトしました。
そこでは上司から日本の接客について厳しく指導、教育をして頂きとても勉強になりました。
そのアルバイトの経験から、日本人のおもてなしの心とお客様へ丁寧に対応することの大切さを深く感じました。

その後、就労ビザを取得し、雑貨商品の企画・販売会社へ入社して、商品の発注と在庫の管理、納品するまでのフォロー業務を行いました。
毎日のスケジュールを確認し、納品日をしっかりと守ることを日々心がけていました。

その仕事で一番苦労した事は、商品は海外で生産するので、生産や物流でのトラブルがあったり、通関の状況が読めなかったりで、納品が計画通りにいかない事でした。
通常は商品のパッケージングや検品などの工程は外部に委託します。
しかし急ぎの場合は外部委託が出来ず、社内の仲間に手伝ってもらうしかなく、皆様に迷惑をかける時もありました。
よって出来るだけその様な状況を避けるために、常に営業担当者の方と細かな報連相をするように心がけていました。

私が今回タカコーに転職した理由は、来日した台湾の女性の記事を見て、彼女の真摯な姿に憧れ、今の自分と比べた時に改めてもっと努力をすべきと思ったのと、新しい事にチャレンジし更なる自分の可能性を広げたいと思ったからです。

次回は私がタカコーへ入社するまでの転職活動についてお伝えしたいと思います。
よろしくお願い致します。

2018年2月1日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );