お歳暮の話

>

東京オフィスの呉です。
師走を迎え、なにかと忙しい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回、お歳暮についてお話します。
皆さん、お歳暮の手配はほぼ終わりましたか。
お歳暮は12月初旬から25日までに贈るのが一般的です。
ただし、今は師走の時期なので、早めに配送の手配をしないと、届くタイミングが遅れるかもしれません。

先日、テレビでお歳暮について放送された番組を見ました。
お歳暮を送る時、どんな物を贈ったら失礼になるのか。以下、記載します。

・靴下、スリッパ・靴等。
足に履く物であるため、相手に「踏みつける」という意味を連想させてしまいます。
失礼な印象を与えてしまう事がありますので、お歳暮には不向きです。

・ハサミ、包丁・ナイフ等。
ハサミ等は「切る」道具であるため、「縁を断ち切る」の意味を連想させてしまいます。
ハンカチも同様に「縁を切る」というイメージする可能性があり、贈り物としてはNGです。

・商品券。
相手に商品券を贈ると、喜ばれると思ってる方がいませんか?
実は、商品券は「お金を恵んでやる」という意味に取られることもありますので、特に目上の人に対して贈るのは絶対にNGです。

・縁起の悪い言葉を連想させる物-くし等。
日本語は、一つの言葉が様々な意味を持っている場合があります。
例えば:くしは、一つずつの言葉を分けてみると、「く=苦とし=死」のように、縁起の悪い意味を持つ言葉となってしまう事があります。
このように、相手に縁起の悪い言葉を連想させてしまい、不快な気持ちになる可能性がありますので、できるだけ避けた方が良いです。

「お歳暮」は、日頃にお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて、贈る物です。日本の独自の文化だと思います。
贈る物は人のお好みによって違うけど、せっかく感謝の気持ちを伝えるための物なので、相手は少しでも喜ばれるでしょう。
贈る時期やマナー、品物等に注意し、その一年間でお世話になった方へお歳暮や年賀状で感謝の気持ちを伝えましょう。

以上、お歳暮の話でした。宜しくお願い致します。

2018年12月13日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );