日本神社のお賽銭

>

東京オフィスの呉です。
壁に掛けたカレンダーももう最後の一枚となりました。
皆さんもバタバタしてる日々が続いるかと思われます。どうぞお体をご自愛ください。

今回、日本神社のお賽銭の話をします。
皆さん、神社へ行く時、お賽銭は大体いくら投げますか?
日本では、縁起が良い語呂でお賽銭を投げる方が多いです。
例えば:
5円→ご縁
15円→十分なご縁
20円→二重縁
1万円→円満・・・等がございます。
その中では、5円の「ご縁がありますように」がメジャーでしょう。

一方、縁起が良くない意味を持った語呂合わせは下記になります。
例えば:
10円→遠縁
35円→散々なご縁
45円→死後の縁
65円→ろくなご縁がない

お賽銭の金額はいろいろな語呂合わせがある事が分かりました。
以前、ちょうど5円玉がなくて、いくら投げればよいか悩んだ事がありましたが。
ただ、大切なのは、やはり神様への感謝の気持ちだと思います。
勿論、縁起が良いお賽銭の金額を投げれば、心の中では、神様は自分を見守ってくれるという安心感をもたらすからではないかと思います。
逆に、縁起が悪い数字のお賽銭を投げれば、不運になるかもしれませんので、できるだけ避けたいですね。
台湾では、ありうるだろうとあえて信じるべきであり、ありえないだろうと信じてはならないという諺があります。
宗教等に関わらず、とりあえず信じた方が良いです。

ちなみに、台湾では神様を参拝する時、お寺で用意した線香を買います。
そして、果物やお菓子、神様用の紙のお金をお供えて、線香を持って参拝します。
しかし、線香の煙で大気汚染になってしまう事に心配があり、今後は手だけを合わせて祈って参拝する事を求める方もいます。
昔から線香で参拝する事に慣れた方が多いため、変わるのは多分時間がかかるかもしれませんが、
エコのため、真摯な心があればそれは良いと思います。

以上、日本神社のお賽銭の話でした。宜しくお願い致します。

2018年12月6日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );