雇用契約の無期転換

>

お世話になります。東京オフィスの呉です。

実はタカコーへ入社する前は、“人材派遣”に関するニュースや新聞とかはあまりチェックしていませんでした。
今は人材派遣業界のニュースだけではなく、本や新聞も読み知識を高め少しでも仕事の面で役に立てられるよう努めています。

さて、先日Yahho!ニュースで下記の記事を拝見しました。

“雇用契約の無期転換、4月実施=自動車に回避の動きも”
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000026-jij-bus_all)

「無期転換ルール」は2013年4月に施行されており、有期契約から無期契約に転換してすることで、労働者が安定した生活が過ごせるようにする事が目的です。
一方、企業側は無期雇用になると従業員の人件費が大幅に増えることから、できれば回避したいのが本音です。

確かに企業業績は景気や外部環境などに左右されるため、現状は法律どおりいかない事もあるかもしれませんが、私はそれを見て少し残念な気持ちになりました。
働く側は少しでも良い待遇の方が仕事に対するモチベーションが上がり、それが会社にとっても良い結果になると思うからです。

タカコーは強固なコンプライアンス体制で、従業員が安心して働ける環境を目指します。
今も積極的にエンジニア、オフィスワークの正社員採用をしております。

ぜひタカコーで一緒に働いてみませんか。
皆様のご応募をお待ちしております!
どうぞ宜しくお願い致します。

2018年1月18日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );