人材の確保についての話

>

お世話になっております。東京オフィスの呉です。

今回は人材の確保についてお話しましょう。
現在、少子高齢化もあり、各企業は人手不足の問題に直面しています。
そのため、人手不足の問題をどうやって解消するのか?
日本政府は外国籍の就労を大幅に拡大する方針を前向きに検討しております。
具体的には、一定の専門性・技能を有する外国人材について、新たな在留資格を創設する方針を盛り込みました。
一方、各企業もいろんな対策を考えています。
先ずは離職率を下げ、企業と従業員が信頼し合い、従業員エンゲージメントを高めましょう。

*労働環境・社風の改善、会社のイメージをアップ
ニュースで長時間労働、賃金の未払い、パワハラやセクハラ等の問題があった企業の報道が度々あります。
その度に、企業のイメージダウンになります。
なんとか改善しないと、人は益々寄り付かなくなり、退職者も増大し、会社全体に大きな影響を与えるかもしれません。

*社員教育を実施・成長機会を与える 
確かに時間も労力もお金もかかります。
しかし従業員エの定着率を考えると、必要だと思います。
「社員の成長は、会社の成長」長い目で見ると、人材が成長し、
その上で、コミュニケーションが取りやすい環境を作ることで、より良い信頼関係を築けます。
お互いに共感があれば、どんどんモチベーションも上げて、会社の売上にも繋がるでしょう。

タカコーは社内教育と風通しの良い組織作りを重視します。
教育研修会も勿論、自己啓発・チャレンジプランも行っております。
社員一人一人の成長と風通しの良さこそが会社の大きな成長になると思います。

皆さんはどう思われますか。以上、宜しくお願い致します。

2018年6月14日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );