自動車のナンバープレートの話

>

お世話になります。東京オフィスの呉です。
今回は日本の自動車のナンバープレートについてお話したいと思います。

道路を走っている自動車のナンバープレートを見て、一体どんな意味があるのか知りたくて、調べました。そして、ナンバープレートは下記の四つから構成されて、それぞれ意味があることを知りました。
簡単に言うと、地名+分類番号+平仮+車両番号で表示されています。

*地名→地方運輸支局や自動車検査登録場所を表示する地名です。
*分類番号→番号0~9でそれぞれの車両の用途を区別されています。
1番:貨物自動車です。例えば:トラック。
2番:乗車人数は11人以上の普通自動車です。例えば:バス。
3番:乗車人数は11人以下の普通自動車です。
4/6番:小型貨物自動車です。
5/7番:乗客人数は11人以下の自動車です。
(3番と違う所は、車両の全長4.7m、幅1.7m、高さ2mは以下で、自動車排ガスの量は0.2L以下が制限されています。
上記に書いてある数値をどれか一つでも超えると、3番に所属されます。それに、税金も多めに課税されるようになります。)
8番:特種用途普通自動車です。(例:パトロールカー)
9番:大型特殊用途自動車です。
(全長は4.7m以上,幅1.7m以上,高さ2.8m以上,上記に書いてある数値をどれか一つでも当てはまる場合だと、該当となります)。
0番:建設用機械や車両等。例えば:ショベルです。

*平仮名→二種類の意味があります。一つ目は平仮名でプレートの順番が決まっています。
もう一つは、車両の用途を区別するためです。
例えば:レンタカーの車だと、平仮名の“わ“あるいは”れ“だけで使えます。
ちなみに、「お、し、へ、ん」の平仮名が使われていません。
なぜかというと、
お:あの形と似っているから。
し:発音の死を連想させる。
へ:発音の屁を連想させる。
ん:読みづらいです。

*車両番号ー→基本的には四つの番号です。
ただし、4249そのような縁起が悪い死や苦等を連想させる一連番号を使われていません。
ちなみに、番号4649や3776等は大人気だそうです。
「よろしく」の発音と富士山の標高の表示するためです。

以上です。意外に面白いですね。
それでは、またよろしくお願い致します。

2018年6月21日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );