違う文化についての話Ⅱ

>

お世話になります。東京オフィスの呉です。

前回(3月29日)は日本と台湾の違い文化をお話しました。皆さんはどう思われましたか。
今回も続けてお話ししたいと思います。

*交通機関
交通機関は地域により違いますが、東京では基本電車移動で、
自宅から駅の間は距離によっては自転車を使う人も多くいます。
台湾の台北でも地下鉄をよく利用します。
しかし台北以外の地域はほぼ車やバイクを利用しています。
特にバイクの方は使い勝手が良いため、ほぼ一人一台を持っている状況で、街の至る所で見られます。
また、タクシーはというと、台湾では車のボディーカラーがほぼ同じ黄色です。
残念ながら日本のような自動ドアではありません。
いつか日本の様に自動ドアになる日を楽しみにしています。
両国を知る私としては、日本と台湾の交通安全に関しては日本の方が安全だと思います。

*ごみ収集
台湾では、日本のようにゴミをゴミ捨て場にまとめて出し、それをゴミ収集車が回収していく仕組みではなく、
ゴミを出す時間になるとゴミ収集車がある場所まで持っていきます。
そのゴミを出す時間はというと、ゴミ収集車が「乙女の祈り」か「エリーゼのために」等の音楽を流し市民に知らせます。
よって日本などでラジオ等から乙女の祈りの音楽を聴くと、なんとなくゴミ収集車のイメージが頭に浮かびます。

*トイレットペーパー
日本ではトイレットペーパーを便器に直接流せるので、大変便利でエコだと思います。
台湾では便器に流すことが出来ずゴミ箱へ捨てます。
それなので日本の観光地やお店のトイレには、よく「トイレットペーパーは便器に流してください!」
と中国語等で書いてある紙がドアに貼ってあるのを見ます。

この様に国が違うだけで多くの生活習慣の違いがありますね。
海外で生活をすると言葉を学ぶだけでなく、
母国と異なる生活が体験でその中でまた色々な事が学べるのも魅力の一つだと思います。

以上宜しくお願い致します。

2018年4月19日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );