石の上にも三年

>

お世話になります。東京オフィス所長の桑原です。
先月末に呉さんが残念ながらご家庭の事情で退職されましたので、暫くコラムもストップしてました。
これからも不定期になりますが継続しますので宜しくお願いします。

今回は「石の上にも三年」についてお伝えします。
このことわざ、とても大事なことを言っていますが
その一方で、少し意味が誇張されすぎている印象もございます。

本来、石の上にも三年とは
忍耐強く頑張っていれば、いつかは報われていく、という意味です。

「石の上に座ると最初は冷たいですが、
ずっと座りつづけると、自分の体温であたたまり
そのうち石そのものがあたたかく感じるようになる」ということですね。

ここでの三年とは厳密に3年というよりも「長い間」という意味です。
なので、もっと短い期間でも、反対に3年をこえるような場合でも、
とにかく「長い」と感じる場合に使います。

でも間違って使われるのが、仕事の話、特に転職に関する事です。
「石の上にも三年というから、とにかく3年は退職せずに頑張れ!」
おそらく一度は耳にすることと思います。

たしかに職歴というものは3年がひとつの目安になりますし、
それより短い期間で仕事を辞めると「この人は長続きしない性格」という印象をもたれます。
そういった点ではひとつの仕事を3年間続けるのは意味があります。
また、ある程度仕事になれるのも3年位たってからのことが多いです。
最初は覚えるだけで精一杯ですから。

そういった話から「石の上にも三年」ということわざが
3年という期間をさす意味になったのも、もっともな話ではあります。
但し、最近は初めて入った会社で定年まで働くというのは珍しくなってきており、
ひとつの場所で長く働くことは重要ではなくなっています。
人によっては「石の上にも三時間」で退職することもございます。

また労働環境が劣悪な職場で無理して3年に拘った結果、
心身を壊したり、自ら命を絶つ事は大変おかしな事です。

ですので、
何か目標を達成するのに3年が目安と考えれば良いのかなと思います。
(人によっては10年、30年と言う方もおります)
継続することが一番大事ですね。

ところで私事で恐縮ですが、
3月3日(日)に開催された東京マラソンに参加し無事完走しました。
当日は雨風もあり大変寒かったですが、大きな怪我等もなく無事終了しました。
これも継続して練習等を頑張り、体調管理を行った結果です。
来年も5回目の出走を目指し頑張ります。

以上、引き続きよろしくお願いします。

2019年3月14日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );