急性虫垂炎についての話

>

お世話になります。東京オフィスの呉です。

《この度、北海道地方の地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
これ以上被害が広がりませんよう、そして、皆様の安全と一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。》

先日、ルームメイトが急に手術で入院した事を聞いてびっくりしました。
この何日間はお腹が激痛で、ひどく苦しんでいました。そして、病院での診断の結果、「急性虫垂炎」である事が分かりました。
医師は早く手術をした方が良いと勧めました。

ここで、急性虫垂炎について調べました。

実は激痛の原因になるのは盲腸そのものではありません。
人間の盲腸には、「虫垂」という細い袋のような臓器がついており、ここに何かが詰まったりすると炎症が起きて激痛を引き起こします。
ですので、盲腸の正式な病名は「虫垂炎」いいます。
盲腸は最悪の場合、命にも関わる病気だということです。ですので、決して油断してはいけません。必ず医師の指示に従ってください。

では、虫垂炎を防ぐ方法はありますか?
虫垂炎の最大の原因は、うんち等が固まり、虫垂を塞いでしまう事だと考えられています。
ですので、少なくとも腸の環境を良い物に保つ事により、虫垂炎を予防する事に繋がります。
普段の食生活では食物繊維が豊富な食材等をどんどん多く取る事を心がけください。
例えば:大麦、海藻類やゴボウ、キャベツ、さつま芋等の野菜とヨーグルトは食物繊維が多く含まれています。
皆さん、毎日一生懸命に仕事をする一方で、くれぐれもお体をご自愛ください。

その後、ルームメイトは手術が終わり順調に回復しています。
今回の事で、改めて急性虫垂炎についての詳細を認識しました。

以上、急性虫垂炎の話でした。宜しくお願い致します。

2018年9月13日


お電話でお問い合わせ


お仕事をお探しの方・
人材活用をお考えの企業の方

0120‐107‐769

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


フォームでお問い合わせ


タカコーへのお問い合わせ、ご意見・ご要望は、
こちらへお気軽にお問い合わせください。

総合お問い合わせ

受付時間 24h(3営業日以内に返信いたします)

かんたん検索
勤務地
ご希望の職種
} }, false );